AKB48まとめんばー

AKB48,SKE48,NMB48,HKT48など48グループの話題をまとめるブログです!

    すべての話が事実とは限らないのでご注意をば…。

    スポンサードリンク
    1 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 13:44:46.60
    選挙前だし落ち着いてAKBの良さを再確認
    どんどん語っていけください

    2 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 13:53:36.22
    板野がグリッドガールを務める予定だったモトGPの人気レーサー(AKBが好きだと公言してくれていた)が
    事故で死んでしまった時、板野は普通にブログの更新を続けて、死んだことに全く触れなかったんだよね
    で、案の定ネットではアンチやレーサーのファンから「不謹慎だ」とか「所詮仕事か」とか叩かれまくって
    たぶん事務所や本人の耳にも入ったと思うんだけど、結局コメントは何もせずに更新続けて更に荒れちゃったんだよね

    でも、数ヵ月後に実は告別式等にもきちんと出席していたということが判明。
    あえてブログのような場で公にしたりせず、ひっそりとレーサーの死を悼んでいたという板野らしい話がある

    314 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/22(金) 18:50:39.54
    >>2を初めて知った
    板野いい奴

    3 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 13:54:33.76
    中西里菜
    「自己紹介のMCのとき、たかみなのときだけイェーイの声が小さいんですよ。
    なぜかと思ったら、他の子のMCのときはたかみなが人一倍大きな声でイェーイって言ってるから。」

    60 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:52:42.63
    >>3
    泣いた・・・りなてぃん

    4 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 13:54:39.70
    平嶋
    「あるとき、由依ちゃんから『研究生の公演も観に来てください』って誘われたんです。
    チームBと同じ演目をやっているので、何かアドバイスがあればと。で、そのときは
    たまたま才加ちゃんも観に来てて。観終わったあと、私と才加ちゃんでみんなに感想を
    言ったんですよ。正直、かなりきついダメ出しだったと思います。やっぱり、はたから見ると
    わかるんです。技術的なことじゃなくて、一体感がないとか、いいステージにしようっていう
    気持ちにバラつきがあるとか・・・。そんなダメ出しをするときも、一番前で聞いているんです、
    由依ちゃんは。ひとつも聞き逃したくないみたいに、まっすぐな目でこっちを観て。
    島田晴香ちゃんや大場美奈ちゃんなんかもそうでした。いい目をしているなあって思いましたね」

    9 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:02:56.40
    >>4
    別にそんなの当たり前だろ
    自分からアドバイス聞くために誘ってるんだから

    5 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 13:56:33.74
    あみなとたかみなのやつ

    8 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:01:36.32
    >>5
    AKB48ブレイク・ヒストリー BONUSTRACK#2

    シンデレラの流した涙。佐藤亜美菜の場合

     2009年7月8日に行われた、AKB48のシングル選抜メンバーをファン投票で選んだ『選抜総選挙』。
    人気メンバーを抑え、それまで一度も選抜に入ったことがなかった佐藤亜美菜が、まさかの8位を獲得。
    多くのファンの涙を誘った。それはたとえるならばシンデレラストーリー。ここまでスポットが当たらなかった
    佐藤のこれからの活躍は約束されたも同然だった。
     総選挙から約1週間後。千葉県某所で新曲『言い訳Maybe』のPV撮影が行われた。炎天下の下、
    自転車でレースをするメンバーたち。初めてのPV撮影参加となる佐藤亜美菜は胸を高鳴らせていた。
    「ファンの皆さんの力で8位という順位をいただきました。だから一生懸命頑張ろうって」
     それから数週間後、収録スタジオにスタッフが『言い訳Maybe』のPVを持って現れた。その場所にいた
    メンバー全員で見ることになった。
     佐藤も「初めてのPV。どんな感じになっているんだろう」と、胸の高鳴りを抑えながら画面を見つめていた。
    「PVの最初はドラマ仕立てだったんですけど、そこではほとんど映っていなくて、曲になっても全然
    出てこないんですよ。『あれ・・・私、どこ?』って。あれだけ一生懸命に投票してくれたファンの皆さんに
    申し訳なくて・・・。そのままみんなはアンダーガールズの『飛べないアゲハチョウ』のPVを観始めたんですけど・・・
    私、そこにいたら泣いちゃうって思って『お疲れさまです』って、部屋を出たんです」
     廊下を歩きながら、両目には涙が溜まってくる。惨めで悔しくて申し訳なくて・・・。そんな佐藤亜美菜を、
    後ろからひとつの足音が追いかけてきた。
    「『待って!』って言われて、振り向いたら、たかみな(高橋みなみ)だったんです。『思っていること、あるでしょ』って。
    『それを我慢していたらイライラしちゃうし、溜め込んじゃダメだから』って、そのままトイレの個室に連れていかれたんです」
     そこで鍵をかけて、高橋は言った。
    「全部出さなきゃスッキリしないよ!泣いたっていいんだよ!」
     高橋が佐藤の頭を抱き、自分の胸に押しあてる。その瞬間、佐藤の中で抑え込んでいたものがプチンと弾けた。
    「大声で泣きました。本当に悔しくて。でも、それも全部、自分の実力不足のせい。あれ以降、憧れていた
    声優や舞台のお仕事をさせていただき、テレビ番組にも呼んでいただけるようになりました。だから少しずつですけど・・・
    あの頃たくさん泣いた分、前に進めていると思います。そして、ほかのお仕事で劇場に出られなかった分、
    劇場愛が深まりました。やっぱり私は劇場が大好きなんだなって」

    12 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:09:29.10
    メンバー間格差の悩み。平嶋夏海の場合。
    2006年3月某日。
    AKB48・チームAが、2nd『会いたかった』公演のレコーディングのために集まったスタジオでのこと。
    『会いたかった』公演のセットリストは、それまでチームAが行ってきた『PARTYが始まるよ』公演に比べて、
    センターに立つメンバーとそれ以外のメンバーの差が大きく感じられるものとなった。
    そのなかでも特に顕著な形となったのが、前田敦子のユニット『渚のCHERRY』という曲。
    そこでは前田がセンターに立ち、峯岸みなみ、平嶋夏海、増山加弥乃の3人が脇を固めた。
    その日、スタジオに先に来たのは峯岸、平嶋、増山の3人。

    平嶋「3人で事前に仮歌の入った曲を聴いて、話していたんです。『多分、あっちゃんが歌う箇所が一番多いよね。覚悟しておこう』って。
    で、歌のパート表を見たら… 『前田』と『オール』しか書かれていなかったんです。
    しかも歌詞は『チェーリーチェーリーボーイ』『チェーリーチェーリーガール』のふたつだけ」

    呆然とする3人。それでもスタジオで懸命に歌う。スタッフから何度も「もっと元気に!」と激が飛ぶが、惨めで仕方なかったという。
    「この曲をステージに出て歌ったら…私のことを応援してくれているファンの人たちはどう感じるんだろう…」。
    そう考えたら涙が込み上げてきた。しかし、歯を食いしばりながら笑顔で歌い切った。

    平嶋「スタジオを出た瞬間、ほかの曲のレコーディングで来ていた戸島花ちゃんと会ったんです。
    その顔を見た瞬間、私とみぃちゃん(峯岸)は花ちゃんの胸で泣きました。
    そうしたら、花ちゃんが『あっちゃんがもうすぐ来るよ。この姿を見せたらダメだよ!』ってトイレに連れていかれて。
    でも…後であっちゃんも、そのパート表を見て泣いていたんだよって聞きました。
    その後も『渚のCHERRY』の練習をやったんですけど、歌のパートの話は一切しませんでした」

    その『会いたかった』公演も、8月11日に千秋楽を迎えた。すべての演目が終了し、
    最後にメンバーひとりひとりがこの公演を振り返り、ひと言ずつメッセージを語った。
    トップバッターの峯岸が口を開く。その目は涙でいっぱいだった。
    「いろんなことをAKB48で学びました。『渚のCHERRY』では、なぜ歌のパートがないんだろうって…。
    でも今では、踊ることが私の役目なんだと思うようになりました」
    その日、メンバーたちは心の中に押し込んでいたことを吐き出し始めた。
    平嶋「本当にあの頃は、みんな心に溜め込んでいたと思うんです。実はあの日の公演の前にひとりずつ、
    秋元先生から手紙をいただいていたんです。『今日、自分の思っていることをさらけ出しなさい』って。本当にそういうタイミングだったんです。
    私は学校とAKB48の両立に悩んでいた頃でした。仕事のために学校から早退しようとした時に窓から『アキバ~』って叫ばれたりもしたし、
    勉強が遅れるのもイヤだった。…だからそういう話をしました」その平嶋の次に話したのは前田だった。その瞳には涙が溢れていた。
    「私は『渚のCHERRY』を歌うのが決まった時、不安ばかりで『私は歌がうまくないのに…どうして?』って泣いていました。
    私は感情を出すのが苦手なんですが、この曲では少しでも感情が出せるように頑張りました。まだまだ未熟者ですが、応援よろしくお願いします」
    外からは見えにくい、各々が抱えた悩み。
    メンバーたちの声は、エンターテインメントを超え、少女たちの成長する“生”の姿そのものを見せた。

    233 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 23:28:09.03
    >>12
    これがあれか、BINGOの初期メン・新メン対抗クイズの前田が一人目立ちたくないって
    泣いてたってヤツか

    17 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:17:51.84
    その昔、運営はともちんをロリキャラで売り出そうとしてた。

    51 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:45:35.01
    >>17
    この位置付けに悩んだ板野は、自分らしい自然体でいくため、秋Pに直訴して
    当時禁止だった学生メンの茶髪を許してもらった。秋Pは
    「クラスに一人ぐらいこういう娘もいるからいいか」
    と言う理由で許可したらしい。なので見た目清純派のAKBの中で一人だけ
    板野のギャル化が進んだ。

    18 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:17:57.61
    佐江の祖母が亡くなったとき、佐江は公にせずに何事もなかったかのように振る舞っていた
    佐江の気持ちを考えて優子はあえて直接ではなく
    佐江のこととはわからないようにそのことにブログで触れて佐江のことを励ました

    優子が熱愛報道で騒がれたとき、その週のANNで佐江はあえてその事に触れ
    優子に代わって謝罪とフォローをした

    ちなみに仕事がまだほとんど一緒だった頃、
    1人暮らしで朝起きれなかった優子のために
    毎日佐江がモーニングコールをしていた

    いい関係ですね

    28 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:28:50.35
    >>18
    何回目のANN?

    59 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:52:25.01
    >>28
    平嶋、北原、宮澤の回
    板野の生電話も同じ回

    ちなみに板野は北原の声だけは分からなかった

    20 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:18:07.92
    岩佐が研究生時代に公演で口を怪我して
    母親が作ってくれた弁当食べられなくて凹んでたら
    たかみなが食べてあげた話がなかなか良かった

    21 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:18:49.99
    倉持が辞めそう時に亜美菜が泣きながら止めたエピソードを教えてくれよ

    26 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:26:52.16
    >>21
    そのまんまだ

    25 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:26:46.64
    オリメン同士とはいえチームBに左遷され選抜入りもほとんどなく接点も少なくなった平嶋と板野だが
    ANNで電話の声を聞いた瞬間板野は声の主が平嶋であることに気づいた

    27 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:28:10.96
    戸島花は大島優子のおかげで3年近くAKBで頑張れたって言ってた

    30 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:31:04.54
    >>27
    kwsk

    35 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:33:50.93
    >>30
    H3Oの今夜は帰らない
    優子の誕生日に言ってた

    34 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:33:04.59
    あっちゃん 峯岸 「明日も話してね」 有名

    37 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:35:15.49
    さやかへ

    武道館でチームのシャッフルが発表されたとき、
    頭が混乱しながらも、「チームK、キャプテン、秋元才加」
    って聞けて、なんかホッとしました。
    ともはチームKから出るけど、ともが大好きだったチームKは変わらないなって思ったからです。

    だって、さやかがキャプテンなら心配ないもん。
    きっとこれからも元気がよくて、何にでも全力で頑張るチームのままでしょ?

    チームKが劇場デビューした頃はいろいろとチームAと比較されましたね。
    「あの曲はあの娘じゃダメだな」、「元気はいいけど可愛げに欠けるよ」
    「2軍だろう?」、「初日から満員だったKは苦労してないからな」
    悔しくて悔しくてみんなで泣きました。

    でも、さやかはそのメソメソした輪に入らずに、ただひと言、やるしかないよって言ったよね。
    ここでいくら悔しがったってしょうがない、だからやるしかないんだ、前に進むしかないんだ
    その時のチームKを見て秋元先生が作ってくれたのが「転がる石になれ」でした。

    ともはね、あのイントロを聞くたびに、さやかのやるしかないよって言葉を思い出すんだよ?
    そして、よし頑張ろうって思い、チームは変わってしまうけどやるしかないって思います。

    さやか、3年6ヶ月こんな甘えん坊でわがままなともを支えてくれてありがとう。
    これからはチームBのキャプテンと一緒に、新しいチームを支えていけるように頑張ります。
    だからこれからも見守っててね。

    ともは支えあう大切さを教えてくれたチームKみんなが本当に大好きです。
    本当にありがとう。

    2009年10月10日
    河西智美

    38 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:36:17.26
    ―いろんな人の話を聞くと、小野さんはファンに優しいって。
    移動のバスに手を振ったら、みんなは寝てるのにえれぴょんは振り返してくれた!とか、その手の話が多いんですよね。

    小野「あはははは。私はファンの人はみんな好きです。どんなタイプの人も好き。」

    ―ホントですかぁぁぁ!?

    小野「ホントですよ!3rdからはホントのことを言うようにしてるんです。」

    ―それまではウソかよ(笑)!
    ―でもさ~、あなたのお父さん以上の年齢の人が「えれぴょぉぉ~~ん?」とか来るわけでしょう?
    ぶっちゃけ・・・・・・。キモくない?

    小野「・・・・・・・・・・・なんか(怒)、学校のコたちと同じような言いますね・・・・・・」

    ―え?

    小野「学校とかだと"アキバでしょ~?とか"そういう系の人がいっぱい来るんでしょ、めっちゃキモくない?”とか・・・・・・
    言われますよ。カチーンとくるからハッキリ言うんですよ。"ぜんっっぜん違うから!!って
    "あんたたちが勝手に想像してるのとぜんっっぜん違うから!!”って。なんか自分っていうか自分を
    応援してくれてる人をそんなふうに言われるのって、ほんとガマンできないんですよ」

    ─なんでそこまで強く言えるんですかね?

    小野「私、ファンの人たちがいなかったら、今絶対ここにいないんですよ。自信をなくしてヤメちゃってたと思いますよ。
    1stの直前になってもダンスがぜんぜんできなくて、レッスン中も泣き崩れちゃったりとか。どうしようって思ってて。
    初日の本番直前に幕のこっち側でスタンバイしてるとき、お客さんのことも知らないし、私たちのことどう思ってるんだろう?
    ・・・いろいろ考え出すと手が震えだしちゃって。ああ私もうだめだって、涙がじわっと出てきて、ヤバイどうしよう!?
    って思った瞬間に幕の向こうから”えれぴょ~ん!”って・・・。壁の写真とか見てくれたと思うんですけど・・・
    あ、私呼ばれてる!待っててくれてる人がいる!ダメとか思っちゃダメだ。楽しいところを見せてあげなきゃ!って・・・。
    きっとその声が無かったら、立ち直れないままだったと思うんですよ。今でもお客さんの応援があると、ツラくても笑顔になれるし、やる気が出てくるんです。
    お客さんのために頑張りたいって思うし、裏切っちゃいけないと思います。彼氏とか死んでも作りません・・・。」

    48 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:45:06.84
    Choose meのPVで皆切なそうな表情で涙目なのは真冬に浜辺を裸足で歩かされてガチでクソ寒かったから

    58 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:52:14.59
    YJがPBに負けた時のきたりえと河西の話はすこし感動した

    262 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/21(木) 14:37:04.88
    >>58
    亀だがkwsk

    287 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/21(木) 18:49:40.17
    >>262
    センターだったきたりえが落ち込んでたらとも~みが「YJで良かったよ。きたりえやみんなとも仲良くなれたし、わたしはきたりえやYJのみんなが大好きだよ」って抱きしめ北原号泣
    そして数ヶ月後のじゃんけん大会で二人は大好きなYJの衣装を着て大会に挑んだ

    297 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/21(木) 21:54:57.38
    >>287
    河西を少し見直した

    61 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:54:29.43
    前田亜美「いつかアドレス教えてください」
    ちんとも「今でいいよ」

    後日二人でディズニーランドへ

    73 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:59:37.72
    >>61
    板野△

    62 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:54:38.13
    なかやんがあっちゃんにタメ口で話し掛けた時、側にいたはーちゃんがビックリした

    64 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 14:55:51.18
    秋元事件の時、感動の最高潮で宮澤が漢字読み間違い

    75 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:01:04.36
    >>64
    その後日、公演のMCでそのことについて触れた宮澤に対し
    読み間違えられた手紙を書いた大島は「ほんとだよー!」
    と冗談まじりに怒りながらも
    「ありがとね」と最後にお礼を言いましたとさ

    82 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:05:13.93
    秋元康は覚えていないと言っているが、AKB48結成よりも前の話。
    とあるオーディションの審査員として秋元康は高橋みなみを初めて目の当たりにした。
    その小さな体からほとばしるエネルギーに圧倒された秋元康だったが、
    高橋みなみが到底収まる器ではないそのオーディションで合格させるわけにいかず、
    やむなく不合格とした。
    不合格になった他の何十人もの最終選考通過者は親の付き添いでとぼとぼ帰る中、
    高橋みなみは不合格通知をポケットにしまい込んで、
    会場を出てすぐの信号待ちでガラスに全身が映るのを見つけると、
    青信号になったのにも気づかずにダンスに夢中になっていたそうである。
    高橋みなみのプロフィールを改めて確認した秋元康。
    4月8日生まれ、身長148センチ。
    これでいこう。
    その瞬間にAKB48はこの世に生まれるべく胎動を始めた。

    数ヵ月後。
    AKB48の1期生を選ぶオーディションに現れた、5ミリ身長の伸びた高橋みなみは、
    ダンスがまったく出来なかった。

    89 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:10:17.39
    >>82
    これ嘘だろ

    141 :● 忍法帖【Lv=32,xxxPT】 2011/04/20(水) 15:34:41.59
    >>82
    ネタだとわかってても最後のオチでいつも笑ってしまう

    85 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:09:43.99
    2009AXでのMCで。
    「AKBでの衝撃のエピソードベスト3」を発表するコーナーがあって、
    佐江の衝撃のエピソードベスト1が
    「大声ダイヤモンドのPVであっちゃんをビンタしたこと」
    だったんだけど、それを発表した途端、何故か会場から
    「もう一回(ビンタ)!もう一回!」のコールが始まって、

    もうビンタしちゃえよ的な完全に悪ノリ全開の状態になっちゃったんだけど、
    (敦子も佐江もかなり困り顔だった)

    「叩いた人間の方が心が痛むんですよ!!みんなわかるでしょ!?」
    って才加が言い放って会場の空気を一変させたっていうのがあったな。

    会場は「お~!」って盛り上がってたし、機転が効くなあと感心した記憶があるけど
    今想えばメンバー想いの極みでもあるな。

    106 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:14:20.33
    >>85
    オカロ△と同時にお前ら最低

    86 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:09:47.56
    北原が番組でトークしたり何かやる時、指原はいつも心配そうに見つめている

    97 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:12:49.00
    「世間ではAKBのことを握手アイドルみたいに言う人もいるかもしれません。
     でも私たちは握手会に本気で取り組んでいます。
     変なたとえですけど、星ってあるじゃないですか。
     あれって今見えてる星って今の姿じゃないんですよね。
     何千年何万年、へたしたら何億年も前の姿なんですよ。
     今見えてるものっていうのは、本当のところ今この瞬間のものじゃない。
     でもそれって、今こうやって目の前でしゃべってるあなたにも言えることなんです。
     今見えてる私は、あなたにとっては過去のものなんです。
     あなたに見えている私の姿は、ほんの少しですけど確実に、過去のものなんです。
     でも握手会って、手と手を通してつながれるじゃないですか。
     それが私たちにできる唯一の“今この瞬間の私を伝えられる場所”なんです。
     だから、どんなに売れても、どんなに批判されても私は握手会が大好きです。
     たとえ数秒でも、握手している瞬間は、私はその人とだけ同じ時間を共有しているから。
     そんな握手会が、私は大好きです。」

                                                     奥真奈美

    107 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:14:30.83
    峯岸みなみ「今日のお題は、めっきり寒くなってきたと言うことで、心が温まる話をしていこうと思います」客、拍手
    鈴木まりや「私あります。入ったばかりの頃で、全然先輩と話すのが緊張していた頃に、人見知りで有名な前田さんに話しかけたところ、普通にしゃべって、むしろ前田さんの方がガンガン喋ってくれた」
    前田敦子「ウソだよ~」客w
    峯岸みなみ「そんなあっちゃん想像できない」
    前田敦子「私の初対面のまりやんぬ印象は、めっちゃ喋る子だったの。私、初めて話したのに、前田さん何とかっすよねって言って、何だこの子は?って」
    峯岸みなみ「何の話したの?」
    鈴木まりや「共通の女の子のお友達がいて、その話で話して下さって、その後にA公演に2回くらいしか出たことがない日のA公演の時に、差し入れがきたんですけど、やっぱり差し入れに手を出せないじゃないですか」
    峯岸みなみ「まぁね。先輩からどうぞみたいになるからね」
    鈴木まりや「しかも出たばかりだしみたいな。それで花畑牧場のバナナ味の生キャラメルだったんですよ。私、花畑牧場のバナナ味の生キャラメルを一度も食べたことがなくて」
    前田敦子「食べたかったんだ」
    鈴木まりや「それで咲子にバナナ味のキャラメル食べたことないんだって言ってたら、前田さんがバナナ味のキャラメル~みたいな感じで持ってきて下さったんですよ」
    峯岸みなみ「やるね、あっちゃん」
    前田敦子「優しい?」
    峯岸みなみ「優しいじゃん」
    鈴木まりや「全然意識しないで渡して下さったと思うんですけど、それがすごく温まりまして」
    前田敦子「やった~私、いい人」
    峯岸みなみ「温まった。温まりましたよね」客、拍手
    鈴木まりや「それがすごい嬉しかったです」
    前田敦子「ありがとう。私の株を上げてくれて」客w

    115 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:19:43.42
    >>107
    前田△

    109 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:15:37.44
    前田を初めて見た時、本当に天才だと思いましたね
    by 星野仙一

    前田さんの姿が、僕のすべての憧れだった
    by イチロー

    本当の天才とは前田みたいのを言うんだよ
    by落合博満

    今の前田があるのは練習の賜物
    by衣笠祥雄

    理想は前田さん
    by福留孝介

    110 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:15:42.07
    優子へ

    この手紙をもって、私のセンターとしての最後の仕事とする。
    まず、私の2位陥落を解明するために、秋元康プロデューサーに敗因分析をお願いしたい。
    以下に、票数獲得についての愚見を述べる。
    票の獲得を考える際、第一選択はあくまでメディアゴリ推しによる新規獲得であるという考えは今も変わらない。
    しかしながら、現実には私自身の場合がそうであるように、
    メディアでの失態や私生活、メイキングの態度で叩かれ、アンチが増える症例がしばしば見受けられる。
    その場合には、体調不良や苦労話を訴える同情票が必要となるが、残念ながら、未だ満足のいく成果には至っていない。
    これからの票数の飛躍は、ゴリ推し以外のアイドル性の発展にかかっている。
    私は、君がその一翼を担える数少ないアイドルであると信じている。
    能力を持った者には、それを正しく行使する責務がある。
    君にはAKB48の発展に挑んでもらいたい。
    遠くない未来に、推されによる自爆が、この世からなくなることを信じている。
    ひいては、私の陥落の敗因分析後、君のステップへの一石として役立てて欲しい。
    負け犬は生ける師なり。

    なお、自ら推されの第一線にある者が運営の期待に応えられず、センターを明け渡すことを、心より恥じる。

    前田敦子

    128 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:26:21.59
    >>110
    財前教授クソワロタwww

    214 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:56:09.69
    >>110
    秀逸すぎるw

    111 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:18:22.22
    島崎遥香はオーデの歌審査で、ワロタの初恋ダッシュを選曲したが、
    まゆゆの名言「レッツゴー!」だけやって、後はただ曲に合わせて揺れてた

    120 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:22:50.38
    おぼろげながら好きなエピソード

    ・大家がセレクションでクビになりかけてたとき篠田とこじはるが「絶対に落とさないで!」って直訴した話

    125 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:24:34.28
    まゆゆ「みゃおは何にする?」
    みゃお「まゆゆと同じでいいや」
    まゆゆ「すみませーん、カレーライス二つ」
    みゃお「じゃああたしもカレーライス二つ」

    131 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:27:16.82
    >>125
    これ見る度に糞笑ってしまうwwww

    142 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:34:55.02
    篠田が選抜に急遽入れられた小学生の樹理菜に声かけた話とかな
    1人でグループに加わる辛さを知ってるから、声をかけずにはいられなかった

    151 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:46:31.62

    今年6月の「AKB総選挙」でトップに立った大島優子だが、その道のりは順風満帆ではなかった。
    横浜で生まれ、一般のサラリーマン家庭に育った大島だったが、
    小学6年の時に、栃木県に移り住むことになる。
    両親が、病弱な伯父(父の兄)が営む割烹料理店を手伝うためだった。

    しかし、これが思わぬ不幸を、家族にもたらすことになる。
    大島が中学に入学する直前、突然、母親が店の常連客と「蒸発」してしまったのだ。
    見知らぬ地で友人もなく、「当時は本当に辛かった」と、後の大島本人も漏らしている。

    その後、晴れてAKBに参加するのだが「毎日授業が終わってから、片道2時間掛けて東京でレッスン。
    終電で最寄り駅に着くと、お父さんが大好きな酒を絶って車で迎えにいっていました。

    お父さんは料理は不慣れなのに、優子ちゃんの弁当を毎朝作り、
    夕食も作っては、店の2階に住んでいる優子ちゃんに届ける。
    優子ちゃんも、そんなお父さんの苦労を知っているから、辛い素振りは見せませんでした
    (地元の知人)

    グループ内で頭角を現し始めた昨年、今度は伯父が知人女性を伴って姿を消し、
    あえなく閉店。父と母はいまだに互いに絶縁状態で、一人暮らしの大島の元を「交互に」訪れるという
    (週刊文春)

    164 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 16:36:43.12
    >>151
    こんな過去があったのか…
    優子大変だったろうに

    154 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:48:24.06
    らぶたんの雑誌インタビューで語ったエピソードも好きだ。

    お母さんに「あんた太ってるから選抜に選んでもらえないのよ」って言われて、
    「私より太ってる子だっているもん!」ってキレた話。

    156 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 15:54:09.26
    >>154
    らぶたんより太ってる人は選抜にいるのかなあw

    165 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 16:36:47.72
    小森のエピソードないから誰か教えてよ 大家の家で深夜二時に宝塚の歌絶叫して歌い出してみんなに止められた とか 高橋みなみにチビチビチビチビ連発してみんなに止められたとか

    181 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 17:46:09.23
    >>165
    インド人に道を聞く小森IN日本


    169 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 16:51:43.26
    劇場デビュー前の有名な話だが、峯岸がぼっちで飯を食べてるときに、前田が峯岸の横に来て「前からここの席とってたんだ」と言って一緒に飯を食べた

    175 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 17:32:40.50
    ライダーの振りつけの時は夏先生もメンバーもみんな号泣しながらレッスンした
    大麻とかのユニットじゃないメンバーもみんな絶対にライダーのレッスンの時は帰らないで泣きながら見つめてていた

    179 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 17:44:06.87
    >>175
    なぜに号泣?

    180 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 17:45:20.46
    >>179
    ググれ。そして泣け。

    185 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 17:49:08.17
    たしかメンバーもお通夜?行ったんだっけ

    201 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:31:13.11
    >>185
    tgskとライダーの推しメンだった駒谷仁美と渡辺志穂がお通夜に参加してる。
    さすがにメンバー全員で押しかけるわけにはいかず、代表してその3人が出た。

    203 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:33:24.68
    >>201
    そうだったか

    206 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:36:35.64
    >>203
    詳しい経緯はここで。泣けるわマジで・・・。

    http://ameblo.jp/tyonbobo/entry-10748228219.html

    204 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:34:33.39
    俺もゆきりんが通夜に来てくれるなら死にたい

    178 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 17:43:45.10
    メンバー大量卒業のあとノースリが公演ずっと離れてて久しぶりに戻ってきたら
    チームはそれぞれが小さいグループごとにバラバラになって気まずい空気になってしまっていた
    たかみなは無理やり大きな輪にくっつけようとするのではなく
    小さなグループに声かけて入って行って少しずつそのグループを解体していった

    197 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:22:03.43
    当時チームAに所属していた平嶋夏海のもとに、新設されるチームBへ移籍の話が持ち上がる
    つまりは戦力外通告と左遷ということだ。この時の心境を平嶋夏海は「48現象」の中で
    Aメンとの別れの辛さと、未知のBメンとの出会いの不安から「かなり泣きそうだった」と後述している
    1年半の間にAKBの舞台で鍛えられて精神的に大きく成長したとはいえ、当時平嶋夏海はまだ14歳の中学生だった
    当時からAKB執行部のやり方は、過酷を極めていたと言えるだろう
    その後あまり印象の良くないBメンとの出会いによって、「このままじゃ駄目だ」という想いから
    落ち込んでいた気持ちを奮い立たせることになるが、思えばこれが平嶋夏海にとって大きな転機となった
    平嶋夏海はBメンにダンスを教える担当となり、「初日くらいにやっと」(「48現象」より)
    ダンスを間に合わせることに成功する。この頃の様子は他のメンバーの話も総合すると
    やはり相当ぎりぎりの状況だったと推察される
     当時平嶋夏海はBメンから「中間管理職」「官房長官」というあだ名を付けられており
    ダンスの先生である夏まゆみ氏のサポート的なことをやっていたと推察される
    初日まで時間が足りない中、通常のレッスンだけでは到底間に合う筈も無く、時間外での反復練習は平嶋夏海の指導の元で行われた
    当時14歳でBメンの中でも最年少に近かった平嶋夏海にとって、遥かに年上のメンバーにダンスの指導を行い
    その上で自分のダンスもおろそかに出来ないという状況は、精神的にも肉体的にも想像を絶する状況だったことだろうと思われる
    その状況は初日以降も続き、やがてBメンのほぼ全員が平嶋夏海のピョンピョンと跳ねるような
    独特のステップを真似る様になるのだが、それはBメンなりの平嶋夏海に対する敬意の現われだったのかもしれない

    198 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:23:05.87
    チームBの平嶋夏海は2008年に入って激動期を迎えていた。
    チームB初のオリジナル公演「パジャマドライブ」は、ファンの間から“神公演”と呼ばれ絶頂期を迎えていたが、
    その最中に盟友・菊地彩香が不祥事を起こし解雇処分を受けたのだ。
    解雇の翌日のチームB公演(やらせる方もやらせる方だ)では、足がすくんで舞台に出られないメンバー達を尻目に、
    平嶋夏海は唯一人舞台に飛び出し、「みんな、大丈夫だから」と言ってメンバー達を舞台に迎え入れたとされる。
    その後さらに一名の卒業生を出し満身創痍となったチームBだったが、
    逆境でこそ力を発揮する平嶋夏海を中心に団結して難局を乗り越えると、
    コンサート「セットリストベスト100・2008」では、「大声ダイヤモンド」を押さえて
    チームBの「初日」が一位を獲得し、今まで歩んできた道が間違っていなかったことを証明したのだった

    202 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:32:50.52
    セットリストベスト100・2009だねw

    205 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:35:01.04
    なかやんがチームK6thのアンダーで来てくれることになった日
    その日の円陣が「なかやんがチームAに戻れなくなるくらい、楽しい公演にしましょう!ジャジャジャなかやーん!」
    という仲谷が着てくれた歓迎を込めて行われて
    なかなかA公演ができないモヤモヤもあったせいか、公演前に号泣する仲谷

    212 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:46:56.16
    「AKBは点ではなく線で見るもの」 by 秋豚

    213 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 18:47:16.11
    峯岸がAKBの活動で中学生活がまともに送れず、友達がいないまま卒業を迎えて
    卒業式寂しくないように付き添ったたかみな
    それ以来峯岸の両親はたかみな推し

    17の女の子にしては粋なことすると思った

    216 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 19:06:14.35
    ゆきりん語録
    「アイドルという存在が好きな観客が、アイドルにしかできないステージを見るために、公演に足を運ぶ。アイドルたちはプロのプライドにかけて、輝いたステージを見せようとする。目に見えない切磋琢磨があればこそ、公演は面白くなっていくはずなんです」
    「調子が悪くて、50%の力しか出せないのなら、50%の十割を出そうと努力する。そうすれば、光は見えてくると思いますね」
    「人生、どんな人にも必ず壁は立ちはだかる。その中で、“ゆきりんも頑張ってるんだなあ”と思ってもらえれば嬉しいです」
    「私自身は、公演が大好きなので、仕事だと思ったことはあまりないんですけど」
    「アイドルは趣味か、仕事かと聞かれれば、私の場合はバリバリ趣味です。新しいことをどんどん追求していくのが、楽しいからやっている。お金をもらうことが一番目なら、もっと先に進もうとは思わない」
    「毎年変わるかもしれないファンに自分を合わせていたら、アイドルなんて長い間出来やしないということです。流行の洋服やブランドのバックをかわるがわる持つ人もいるけど、私は自分の好きなスタイルを失いたくない」

    217 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 19:25:01.18
    正規メンバーに入る時に
    秋元先生は1人1人に手作りのお守りを作って渡してる

    222 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/20(水) 20:19:14.94
    >>217
    そのお守りの中には秋Pからの崇高なるお言葉が入っていて、
    「どうしても辛くて耐えられなくなったとき、このお守りを開けてみなさい」と言ってメンに渡すらしいな

    239 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/21(木) 01:46:10.70
    AKBとXX

    増田「もう4年半くらい活動してるんですけど、選抜メンバーに最近全然入れてなくて…
        私だけ今回の(ロケ)メンバーで選抜メンバーじゃないんですね」

    川藤「4年で終わりか? んじゃ高校野球3年しかないわな。レギュラー取れる人間って
        限られとるわな。そっから外れたらどうすんねん? それで終わりか?」

    増田「いや、違いますね」

    川藤「大学もあるし、次の世界もあるし。今この4年間があくまでも自分の下積みだ。基礎や」

    増田「うん」

    川藤「先生はその野球時代、現役19年レギュラーになったことないねん。ぜーんぶ補欠。
        毎年、下から下から若い勢いの良い選手が出てくんねん。ほんで全部抜かれていくねん」

    増田「はぁ…」

    川藤「だけど、だけどここからやで。ここで揉まれて何かを掴むんよ。目の前の事
        ばっかり追って行くんじゃない。“今”しっかり…。4年ぐらい何やねん! これからじゃ!」

    増田「はい」

    川藤「はい、がんばれ!」



    このあとから有華ちゃんの運が向いてきた気がする。

    244 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/21(木) 03:44:16.59
    >>239

    これは、川藤が言うと凄く説得力ある。

    245 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/21(木) 07:16:51.88
    >>239
    これ文字にすると増田がすごいやる気ないヤツみたいだけど実際は川藤の目をシャンと見据えてたんだぞ

    290 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/21(木) 18:55:00.68
    珠理奈の苦悩

    11歳でAKBの選抜に選ばれたとき、テレビで見ているお姉さん達の真ん中に立たされるという事に喜びよりも「怖い」という思いが強かった。受け入れられるかどうか不安だった。
    握手会でAKBのファンに「AKBの曲にSKEはいらない」と言われて、ショックで脚が震えた。
    でもがむしゃらに頑張るしかなかった「珠理奈がいてくれて良かった」と思ってもらえる様に。

    去年の秋頃、番組収録や公演で自分の思う様にできない事が重なり、ふと「もうこれ以上頑張れない」と思った。
    家で洗濯物を片付けてるお母さんに「もう頑張れない」と言ったら、「2年前の方が辛かったんじゃないか?」と言われた。
    それでもやっぱり辛くて自分で考えて次の日半日仕事を休む連絡をした。
    休んでも部屋に一人でいたらイロイロ考えてしまい余計辛かった。
    結局その次の日も起き上がる事もできず休んでしまった。
    すると仕事から帰った母が部屋にやって来て「明日はちゃんと行きなさい、行ってジタバタして来なさい」と言った。
    そしてパソコンを持って来て「これを見なさい」と言った。そこにはずっと更新が止まっていた自分のブログの記事が。
    コメントにはファンの自分を気遣うメッセージが沢山あって、そのコメントを見て自分は一人じゃないと思え、また頑張れる様になった。

    325 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/22(金) 23:31:41.39
    これあった?

    北原里英 「はい。私、将来のダンナさんが困る話ありますよ」
    佐藤夏希 「なんですか?」
    北原里英 「贈り物とはちょっと違うのですけれども、大家のしーちゃんと私一緒に住んでて、
          誕生日ももちろん一緒に日にち跨ぐじゃないですか、一緒に住んでるから。で、
    一緒にテレビとか見てて、「あっ、誕生日なったー」みたいな。「おめでとう」みたいな。
    「えっ?軽くない?」みたいな。「いや、おめでとう」「冷たいよ、お前。お休み」みたいな
    感じで寝るじゃないですか」
    他メン「カップル?」
    北原里英 「カップルみたいな生活に聞こえるけど大家なんですけれども、それで寝て、朝起きるじゃないですか。
    朝起きて、んーって行って、おはようって言ったらケーキがあるんですね」
    メンバーたち 「おー」
    北原里英 「おっ?と思って、見たら、なんと一睡もせずに作ってくれてたんです」
    メンバーたち 「えー!?」驚き
    河西智美 「すごい」
    北原里英 「そんなツンデレ作戦的な感じで、最初はあんまり祝ってないみたいな空気を出して、
    ケーキを作るっていうのをやってて、次の年も同じ感じで(素っ気無く)おめでとー、みたいな」
    メンバーたち → 軽くw
    北原里英 「冷たくない?って言って。「そんなことないし」みたいな感じだったけど、
    仕事から帰ってきたら、「里英ハッピーバースデー」ってクッキーに一文字一文字書いてあるやつがあって

    329 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/23(土) 01:39:02.08
    大家と北原の生活ドラマ化してほしい

    347 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/24(日) 17:39:36.15
    AKB48ヒストリー
    研究生公式教本

    K3rd「脳内パラダイス」
    梅田が右足のすねの疲労骨折で長期休業に。
    梅田が思い切り踊れると張り切っていた「MARIA」のパートは大堀が引き継ぎ、
    そして梅田が復帰したのは千秋楽だったが、大堀は「MARIA」のパートをあっさりと梅田に返した。
    ここでふたりの絆は固く結ばれたという。
    この時期からファンの揉め事も減っていった。

    360 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/26(火) 00:04:52.89
    昨日のOn8の増田と河西の話はマジで号泣

    361 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/26(火) 01:07:00.16
    >>360
    つべにあがってる?

    362 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/26(火) 01:43:06.79
    ;;361
    ほい



    363 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/26(火) 01:52:40.37
    ありがとう

    364 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/26(火) 02:10:32.24
    ええ話やな~

    365 :名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/26(火) 02:16:30.81
    聞いてきた
    やっぱ絆は深いな


    スポンサードリンク
    リツイートランキング(最近40記事)