AKB48まとめんばー

AKB48,SKE48,NMB48,HKT48など48グループの話題をまとめるブログです!

    スポンサードリンク
    NGT48 第1期生オーディション2次審査後囲み取材

    (2015年7月11日 ホテル日航新潟)

    当日、2次審査があり、その審査に参加した今村悦朗支配人、北原里英キャプテン、柏木由紀(兼任メンバー)がマスコミ向け囲み会見を開きました。

    ・北海道から鹿児島まで(2次審査参加者)
    ・5850名書類→2次審査参加者(181名:うち新潟県内105名)
    ・本日の審査通過者人数は未公表

    ——オーディションを終えて。
    北原「今日ほど自分がAKB48のオーディションを受けに行った日のことを思い出した日はないなと思いました。鮮明に思いました。今のところ新潟県出身のメンバーは誰もいないので、今後、新潟の色がついていくのかと思うと楽しみです。いよいよ始まるんだなと思って楽しみしてます」
    柏木「新潟県の子が初めてオーディションを受けますって子が多かったりとか、新潟県を盛り上げたいですって言ってる子が多かったのが印象的でした」

    ——新潟県内の2次審査参加者の感想。
    北原「意外に日焼けしてるんだなと思いました。あ、自分大丈夫そうだと」
    柏木「スタイル良い子、身長高い子が多かった。年齢が上の子がいた。小中学生中心というわけではなかった」

    ——2次審査参加者への質問について。
    北原「そんなにしてないです」
    柏木「自己PRが1分間あったので、結構突っ込みたくなることを言った子はいました」
    北原「世界征服したいって子がいました」

    ——今村さんが「ハロウィン・ナイト」のスタッフMV選抜に選ばれて。
    今村「昨日の秋元さんの発表を見てたんですけど、ひとことで言うと恥ずかしかったというのと、(芝)智也に負けたのが悔しかった」
    北原「私より上(のポジション)ですからね」

    ——今日のオーディションを見て他のグループとどう違うようになりそうだと感じましたか?
    北原「今日感じたのは、HKT48、チーム8だったり、新しくなればなるほど若い子が多いと思うんですけど、今回は小学生は少なくて、新しくできるグループなんですけど、もしかしたら若い人中心にはならないのかもしれないなっていう感じはします」
    柏木「新潟ってこともあってか、洗練された容姿の部分と、新潟県の持ってるあたたかさと、あと、部活動毎日頑張ってますっていうやる気のある子がいたので、いろんな面を持ったグループになりそうだなと思います」

    150711-01



    NGT第1期生オーディション2次審査に181人

    et-in-150711-01-w500_0

     今年10月に本格始動予定のNGT48第1期生オーディションの2次審査が11日、新潟市内で行われ、キャプテンの北原里英(24)とAKB48と兼任の柏木由紀(23)が参加した。

     応募者数5850人(うち新潟県内1351人)の中から、書類審査を通過した181人(うち新潟県内105人)が、この日のオーディションに参加。面接審査に臨んだ。オーディションには、北原、柏木も審査員として参加。

    (略)

     同席した今村悦朗劇場支配人(55)は、グループの活動構想についても言及した。市内の商業施設「ラブラ2」内にオープンする劇場公演を中心にしつつ、新潟の市町村にも直接出向く構想を明かし「新潟県は広いので、市内の劇場にはなかなか来られないこともある。グループに分けてキャラバン隊のように、多くの町にも足を運びたい」。それを聞いた北原も「私もそういうことをしたかった。アイドルを見たことのない人も取り込めるようなパフォーマンスをしたい」と話した。また長岡市で行われる花火大会にも興味があるという北原は「花火大会とかスキー場でライブとか、他のグループにできないことをしたい。花火も(会見に同席した3人で)お金を出し合って打ち上げたい」と目を輝かせた。

     合格者は、7月末に行われる最終審査に参加し、第1期生が決定。すでに今年5月に行われた第2回ドラフト会議で指名された西潟茉莉奈(19)荻野由佳(16)の加入が決まっている。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1505526.html

    スポンサードリンク
    リツイートランキング(最近40記事)