AKB48まとめんばー

AKB48,SKE48,NMB48,HKT48など48グループの話題をまとめるブログです!


    jpg-orig

    jpg-orig



    jpg-orig

    jpg-orig

    jpg-orig



    jpg-orig

    jpg-orig

    jpg-orig

    jpg-orig
    スポンサードリンク
    zabof

    朝日新聞NMB48取材班 @asahi_nmb48

    映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」の完成披露上映会が15日、TOHOシネマズなんばで開かれました。山本彩、太田夢莉、薮下柊、矢倉楓子、渡辺美優紀、渋谷凪咲、須藤凜々花の皆さんが登壇しました。

    山本彩さんの挨拶です。「初めてのドキュメンタリーです。5年間やってきたことの軌跡を映画にしていただけたことを光栄に思います。この5年間は自分たちだけじゃなくて、応援してくれたみなさんと歩んできた5年間だと思うので、みなさんに見ていただけたことをうれしく思います」

    司会者から「映画には懐かしいオーディションシーンもあったが」と振られた渡辺さんは「すごく若かったなと(笑)」と振り返り、「一番見ていただきたいシーンは『ドリアン少年』のPV撮影で私だけサングラスをしているシーンです。一人だけバカンスでした」と会場を笑いに包みました。

    矢倉さんは、映画の主題歌「道頓堀よ、泣かせてくれ」について、「本当に題名からもNMBらしさがにじみ出ていて」と強調。「聞いていくうちに良い曲だなって発見があります」とPRしました。

    薮下さんは「当たり前だけど、48グループのなかでNMBがいちばん好き」としたうえで「テレビで私が出てたら『わ!NMB48や』『しゅうちゃんや!』とすぐに分かるように、難波の色を出していきたいです」と力強く宣言しました。

    映画にはチームを兼任する苦労も描かれています。渋谷さんは「AKBで、グループ内でいかに自分の個性を出すかを学ばせてもらっている。NMBでは、みんな一致団結してダンスするということを頑張っている」とそれぞれの場所での「学び」を説明しました。
    渋谷さんはさらに続けて、「(NMBは)ダンスは48Gのなかで一番頑張っていると思う。大阪なので笑いも勉強させてもらっている」とNMBを強力にアピール。「映画ではそういうところも見て頂きたい」と笑顔を振りまいたあと、「・・・こんなんでいいんでしたっけ?(笑)」とオチをつけました。

    須藤さんは映画のなかで詩の朗読を担当。その須藤さん、「監督さんと何十稿も推敲して・・・」と回顧。「今年哲学書を発売することになって、その合間にいろいろ監督さんと作り上げた」と説明し、「こだわった詩になっております」と述べました。

    太田さんは、あるシーンに絡めて、山本彩さんとのつながりに触れました。「AKBでも活躍していて、非の打ちどころがない山本彩さんでも、悩みとかがあるんだなぁって」としみじみ。その上で「彩さんの悩みも聞かせてもらって。それで元気になりました。これがキャプテンか!って」と語りました。

    https://twitter.com/asahi_nmb48



    NMB_menber

    NMB渡辺美優紀が卒業説を否定 映画試写あいさつ

    渡辺は冒頭で「皆さん、映画を楽しみにして、いろいろ想像を膨らませるのは分かるんですけど、私の卒業で盛り上がるのは、もうやめていただきたい」と話した。

     上映前のあいさつだったため「これから見ていただいたら分かると思うんですけど、安心して見てください」と呼びかけた。

     過去に、AKB48グループでは、板野友美が映画の中で卒業発表をした経緯があり、一部ファンの間で「みるきーが卒業するのでは?」との情報が飛び交い、ツイッター上で騒然となっていた。

     NMB48は昨年10月、結成5周年を迎え、映画では5年の軌跡や、撮り下ろしインタビュー映像なども収められている。

     1期生オーディション風景もあり、渡辺は「もう恥ずかしくて、ほんと、やめてほしいです。なんか、もうカットしてほしいぐらい恥ずかしい」と、照れた。

     あいさつには、矢倉楓子、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、太田夢莉らも出席。渋谷が、NMB48の魅力について「やっぱり、大阪なんで、毎日、ボケの練習をしています」。これにすかさず、薮下が「ウソやん、私見たことない!」とつっこんだ。

     すると、渋谷が「そんなことない!」と言い、山本の一発ギャグ「首里城」を拝借して披露。ただし、会場はシーンとなり…、山本は「人のボケでスベるの、やめてくれへんかな」とピシャリと言い放った。

     ボケの連携プレーで会場をわかせたが、ボケの最上級といえば、やっぱり渡辺。映画主題歌「道頓堀よ、泣かせてくれ!」の話題になると、渡辺が「主題歌のタイトルが映画のタイトルやって、今知って、びっくりしました」。これには、山本も「え? 今、知ったん?」とあぜん。渡辺によると、「道頓堀よ-」は主題歌のタイトルで、映画タイトルは別だと思っていたといい「そのままタイトルってびっくりした!」。悪びれることなく、笑顔で告白した。

     ただし、この映画あいさつは、すでのこの日2回目で、前回あいさつ時には映画タイトルを把握してなかったことになり、メンバーも「マジ…??」と、あまりのボケっぷりに衝撃を受けていた。

    (抜粋)

    http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1592544.html



    NMB_shibuya_sudo

    NMB48、難波で「爆笑」舞台挨拶

    グループの裏表を赤裸々に描いた本作について、AKBグループも兼任する渋谷が「みんな毎日、ボケとかツッコミの練習してるので、そういうところもたくさん観ていただきたいと思います」とアピールすると、すかさずメンバーから「そんな練習してない!」と総ツッコミ。それにもめげず、「私は毎朝起きて、ひとボケしてます。今日は『布団がふっとんだ』と言って起きました」と言うと、山本彩から「もっと練習しぃ!(笑)」と叱咤激励される場面も。

    また、映画と同名の主題歌について、「私たち自身も訴えかけられる、すごく心に響くメッセージが込められています」と語った山本に対し、渡辺は「タイトルを聞いたときに、すごくNMBらしいなと。なんやこれ、と思ったんですけど、聞いてみるとすごくいい曲」とコメント。そして、渋谷は「私は道頓堀を泣かせたくないなと思います。なので、泣かせないためにも、私たちNMB48も大きな存在になりたいと思います」と、またしてもピント外れのコメント。メンバーに「道頓堀が泣くんじゃない」と言われると、「まとめると、私たちNMB48もがんばって大きくなりたいということです」と返答、場内を爆笑に包んだ。

    (抜粋)

    http://www.lmaga.jp/news/2016/01/3178/






    追記:東京での舞台挨拶にHKT48が飛び入り参加

    160115nmb29

    NMB48の舞台挨拶にHKT48が飛び入り参加

    NMB48初のドキュメンタリー映画『道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48』の完成披露上映会が15日、都内で行われ、NMB48メンバーによる舞台挨拶中にHKT48のメンバーが飛び入り参加した。

    この日は『道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48』と同日公開されるHKT48初のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』の完成披露上映会も同会場で時間をずらして予定されていたため、会場に来ていたHKT48の指原莉乃、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子がサプライズで登壇。
    指原が「私たちの舞台挨拶もこの後あるんですけど、NMBがいまやってるってことで、相乗効果でお互い良くなればいいなと思って遊びに来ちゃいました」と挨拶すると、山本は「ビックリしました。さっきLINEしてくださったんですけど、全然そういう感じじゃなかった」と驚きを露わにした。
    すでにNMB48の作品を観たという指原は「ここまでいっちゃっていいの?みたいな、衝撃的なシーンもあったりして、さすがNMBだなと思いました」と感想を述べ、自身が監督したHKT48のドキュメンタリー映画と比較して「全然違う作品になってる。ジャンルも違うし、涙の意味も違うので、どちらも面白いと思う」と、両作品をアピールした。

    (略)

    http://tokyopopline.com/archives/55157



    160115nmb1

    160115nmb3

    160115nmb5

    160115nmb7

    160115nmb10

    160115nmb12

    160115nmb14

    160115nmb16

    160115nmb18

    160115nmb19

    160115nmb20

    160115nmb21

    160115nmb22

    160115nmb24

    160115nmb25

    160115nmb26

    160115nmb27

    160115nmb28


    ※東京の舞台挨拶には船橋監督も参加


    HKT48の舞台挨拶にはマスコミが入っていなかった模様

    予告編




    • 2016年01月15日  19:16
    • カテゴリ:NMB48
    スポンサードリンク
    リツイートランキング(最近40記事)